NEWS 水戸野球クラブ創部5年目にして優勝しました。(このページ) 2016/04/29
ホームページのデザインを更新しました。 2016/01/23
メンバー紹介のページを更新しました。 2014/11/30
第17回飯坂温泉杯争奪還暦軟式野球大会に参戦しました。 2014/10/4
平成26年度県還暦野球大会(念願の公式戦)に参戦しました。 2014/8/11
古河市長杯の結果を掲載(写真を更新)しました。 2014/8/11
クラブ団旗、横断幕が出来ました。 2014/3/25
平成25年度対戦成績一覧表をアップしました。 2014/1/29


大願成就!第5回古河市長坏マスターズ野球大会 古希の部「準優勝」 還暦の部「優勝

 部員の心が一つになった。以前から力を合わせて頑張ろうと心掛けてきたが、創部5年目にして地方の市長坏とはいえ、その頂点に立った。
第5回古河市長坏の関係者の皆様に敬意と感謝を申し上げたい。
大会毎に優勝チームを羨望の眼差しでみつめ「俺たちも是非」と思ってきたが全て勝ち上がる事がこんなに至難の業なのかとつくづく思う。
表彰式の部員誇らしげに金メダルを首に掛けた。還暦チームが勝ち名乗りをあげる先刻、同日別会場で古希チームが準優勝に輝いていた。
 いい仲間と友が支え合い時にして競うあう姿は、この歳にして躍動する「爺さま」が培ってきた経験と思いやりが尚も優しく時をつつむ。
帰宅して夜酒を口に含んだが、気が立っているのかなかなか酔いが回らない、少しもジンときた。
大義を捨てずに前を向いて歩んできた細い道だったが振り返えればその道が背中をグッと押した。
 これでひとつの節目ができた、外野の雑草を抜き、内野の小石を拾う者が続く限り我が水戸野球クラブは、高齢者野球の範として清冽な足跡を繋ぎゆくだろう。
もちろん私もその輪の中にかかわってゆく。

2016.4.20
水戸野球クラブ
代表 川崎 敏明


クラブ代表の挨拶

野球を愛するみなさんへ
鍛え上げられた体が剛送球を投げ下ろし、鋭く振り抜かれたバットからは痛烈な弾道でボールが左中間を切り裂いてゆく。
この場面にどんなに憧れてきた事か。野球の魅力は世代を超えて引き継がれている。
野球用具の乏しい時代に育った私たちが、「俺にも出来る」と再びの夢を追い求めるは「あの時の自分」を取り戻すためなのだろうか。
体力は確かに衰えていても、孫の打撃を教えたよという友の笑顔がそれを物語っている。
仕事を全うして還暦を迎えた会員の多くは、グランドに立つとどこか気が引き締まると言う。
トンボを押す者、小石を拾う者、ボールを洗う者、「FOR THE TEAM」仲間を何よりも大切にしてゆきたい。
水戸野球クラブ.創部5年。古希、還暦、熟年で会員46人。県内外のチームと親善.交流試合を通して、練習内容を確かめながら、「守れる野球」を軸として週2回の練習に励んでいます。
野球技量ばかりでなく、健康保持も私たち高齢者の求める姿勢です。

水戸野球クラブ
代表 川崎 敏明 「S19.6.14 生」


自慢のストレッチ

練習で特徴的なのは、ストレッチを重視している事です。
キャプテンが専門的に勉強し、種々のストレッチ法を伝授しています。
怪我人はほとんどいません。「ストレッチだけでも練習に来た甲斐がある」という声が沢山聞かれます。

クラブ事務所 〒311-4153 水戸市河和田8651 西河和田接骨院内 電話029-253-1846(FAX)


応援リンク:さくら不動産(福島県浪江町の早い復興を応援しています)

訪問者数